AGAとストレス改善

AGAとはどういう仕組みなのか

AGAの仕組みを紹介

近年、積極的なCM放映などもあって世間一般に存分に認識されるようになったAGA。AGAとは「男性型脱毛症」のことを言い、成人男性によく見受けられる薄毛の症状を総称したものです。今現在>AGAに悩んでいるならこのサイトを見て、まずはAGAの基本についてしっかり学習していくようにしましょう。

AGAについて考えていくために、まずはAGAの基本的なメカニズムについて見ていくことにしましょう。AGAとは、体内で分泌される男性ホルモン(テストステロン)が、ジヒドロテストステロン(DHT)という物質に変化して起こるものとなっています。

よく勘違いされやすいこととして、男性ホルモンがより多く分泌されることで、AGAは進行していってしまうというものが挙げられます。しかし、男性ホルモンは前述したジヒドロテストステロンに変化しなければ、頭髪に悪さを行うことはありません。

男性ホルモンがジヒドロテストステロンに変わってしまう大きな原因として、5αリダクターゼという物質が関わっていることが近年明らかになってきました。5αリダクターゼとは、毛根の近くにある皮脂腺から分泌される酵素であり、この5αリダクターゼには通常の男性ホルモンをジヒドロテストステロンに変化させてしまうという特性があります。

つまり、5αリダクターゼと男性ホルモンが出会わなければ、ジヒドロテストステロンは発生せずにAGAは進行せずに済むこととなるのです。

男性ホルモンと5αリダクターゼが出会うことによって生まれたジヒドロテストステロンは、頭髪の成長を妨げるスイッチを持っています。このスイッチをジヒドロテストステロンが押してしまうと、頭髪には新しい毛が生えてこなくなり、健康な髪の毛までもが抜け落ちてしまうことによって薄毛がさらに進行の度合いを強めてしまいます。

抜け毛や薄毛が気になり始めた段階でAGAを疑うことで、より迅速な対応も可能になりますし、やっかいなAGAへの対策に関しても容易になるのです。